幼稚園に親が行きたくないと思う時の対処法

ダークブルーの服を着た女性があおむけで寝転んで頭の後ろで腕を組み空を見上げている
こんにちは。
ちょっぴり(?)シャイな管理人です。

きっとこの記事を見てくださっている方は子育て中の方だろうと推測しますが、

幼稚園に親が行きたくない時ありませんか?

いきなり唐突な質問ですね笑

 

私はあります。

特にメンタルに病を抱えているわけではないと思います。
私は園まで送迎していますが人付き合いもほぼないので、苦手なママ友もいません。
「●●さんに会いたくないから行きたくない」とかでもないんです。

 

我が家が通っている幼稚園は先生方は皆にこやかではつらつとされてて、行きかう親御さんたちも(もちろん私も)普通に挨拶してます。
(うちの幼稚園に限った話ではないと思いますが)

でもプライベートできついことが重なったりしてすごく落ち込んでしまったとき、「もう誰にも会いたくない」って思う時があるんですよね。

 

そんな時、私がやっている方法をお話しします。



目次

1.送り迎えの時間をずらす
2.ポジティブに考える
3.帽子とマスクで行く
4.休む。休む理由は嘘をつかない
5.おわり

送り迎えの時間をずらす

やわらかなピンクのバラの花と女性用の時計
人に会っても笑顔が作れそうにないし、できれば誰にも会わず立ち去りたいって時は時間をずらしてます。

どこの幼稚園でもそうかもしれませんが、人の往来の少ない時間、多い時間ってありますね。

うちは行きは少し遅い時間、迎えは早い時間が人が少なく気楽なのでそんな時間帯を狙って送迎しています。

 

気を付けていることは親子で家を出る時間を決めて、その時間を守って身支度することです。
(ここで書くほどのことではないですが)
そうすることで先々の子供の身支度の練習になるかなと思っています。

 

ポジティブに考える

我が家は園児が1人、未就園児が1人という状況なのですが幼稚園に上の子を連れていけたら日中かなり静かです。
というか兄弟揃うとうんざりするほどうるさい。

だから「今頑張って連れて行ったら日中落ち着いて過ごせるし、上の子も園で過ごせてみんなハッピー!」と気持ちを奮い立たせます。

 

帽子とマスクで行く

帽子をかぶったロングヘアの女の子が2人たたずんでいる
以下のような状況で使う手なのですが、
・行きたくないけどどうしても連れて行かなきゃ(検診などのイベントで)

・人に会っても笑顔が作れそうにない

・身支度する気になれない

そんなときは帽子とマスク、もしくはそのどちらかを身に着けて送迎してます。

 

送迎しているとたまにそんなお母さんを見かけます。

「あれ?今日はマスクだな」とか
「普段帽子されないのに今日は珍しいな」とか。
でも気づいても全然気にしません

だって、私にも(帽子やマスクをしたい)事情があるようにその人にも何かしらの事情があっても不思議じゃないですもんね。

 

だから、帽子とマスクで行きたくない気持ちをやり過ごせるときはこの方法を使っています。



休む。休む理由は嘘をつかない

もう気持ちがぽっきり折れちゃって行く気力0の時
そんなときは休んじゃいます。
年に2回くらいそんな時があります。

 

園に欠席の連絡をするときには「親(私)の体調不良」と話します。

もっともらしい理由付けを探そうとも思いましたが、嘘はばれます
ばれなかったとしても罪悪感やモヤモヤがつきまとうので、こんな風に話した方があと腐れないかなと思うからです。

 

休む時はそれ以上ひきずらないことです。

休むからにはしっかり休むことが大事です。
たとえばもし風邪をひいてしまったらしっかり水分と睡眠をとって休養しますよね。

心が落ち込んだ時はどうしましょうか。
元気を取り戻すことが大切ですね。

 

だから休んだ自分をうじうじ責めるのはやめて、好きなことをたくさんします

子供とお出かけもいいと思います。
遠出なんか素敵ですね。

 

しっかり元気を取り戻してまた明日から頑張ろう!ってやってます。

 

おわり

青空を背景に黄色い小花の花畑
人から見れば「何ぬるいこと言ってんの」とか「母親失格」なんて言葉をかけられるだろうな、って自分でも思います。
だけど、落ち込んでいるときくらい、そんな(心の)声は遠くに置いておきましょうよ。

 

落ち込んでいる自分をさらに責めたって状況は好転しません。

 

 

子供にお手本となるような姿を見せ続けられたら理想ですが、親も不完全で落ち込むこともある。
そんな時はうまくやり過ごしたり、それも無理な時には思い切って自分をいたわる勇気も大事。

 

それで一日も早く元気になって笑顔の親の姿を子供に見せる方がいいと思います。

 

ここまで読んでくださったあなたは、今気持ちが塞いでしまっているのでしょうか。
気休めにもなりませんが、あなたの心に少しでも平穏が訪れますように。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA