キャンプが好きな理由(わけ)。

青空の下緑の草原には薄水色のテントが立っている画像。画像の左半分には青い枠で「私がキャンプを好きな理由」と書かれている
キャンプのどんなところが好きですか。

夜の焚き火?
アウトドア料理?
親しい人との語らいでしょうか?

私は去年ファミリーでキャンプを始めた初心者キャンパーです。
そんな私もキャンプがとても好きです。

今回は『キャンプのこんなところが好きだわ~』というテーマで話します。
ちなみに役立つ情報は全然出てきませんよ~(´・ω・`)

《スポンサーリンク》




キャンプのどこがいいのか謎!以前は何故ハマるのか理解不能だった。

いきなりディスリから入りますけども。
子供ができてから始めたキャンプ。
キャンプを始める前はキャンプのどこにハマるのか全くの謎でした。

 

だってさ、家の中って快適じゃない。
気密性が高いし雨漏りもしない。柔らかなお布団。
テレビもゲームもできてお風呂はゆっくり入れて、夜は暖かく眠れて。

 

なのにどうしてわざわざ遠くに出かけて生活に手間をかけることをするんだろう
ごはんはホテルみたいに出てこないし、アウトドア用品は引くぐらいたっかい!
そして何よりキャンパー以外を寄せ付けない雰囲気・敷居の高さを敬遠してました。

ディスるのはそこまで。
好きなところについて話そ。

やっぱり一番の理由はごはんは美味しすぎること

焚き火テーブルには白いお皿に乗った数枚の食パンと調理したばかりのホットサンドメーカーに入ったホットサンドがうつる画像。画像の左手には紫の枠で「一番の理由。ごはんが美味しすぎること」と書かれている
そんなハードルの高いキャンプの世界。
でも始めてみると、ごはんが美味しいぃぃぃ!!

アウトドア料理とかそれまでやったこともないし凝った料理なんか作れません、むしろメシマズです(きっぱり)。

初めて作ったごはんもちょっぴり失敗してます。
ステーキは生焼け、一番うまくできたのは炊飯器で炊いたご飯(←オイ)
そんなんでもとても美味しくて

外で食べるごはんってなんであんなに美味しいんでしょう。
薪や炭火のにおい、風が肌に触れる感じ、日差し、木漏れ日、夜のヒンヤリした空気。
それらすべて料理のスパイスですよ。
カップラーメンですら美味しくなっちゃう不思議

キャンプで食べるごはんは特別じゃなくてもすごく美味しい。
それがキャンプを好きな一番理由です。

でもせっかくキャンプに行くからアウトドア料理もどんどん試してみたいね。

日常では当たり前のことが楽しく興味深い

焚き火テーブルにはラップにくるまれた木製の皿があり、焦げかけのおにぎりが数個乗せられている画像。画像の左手には紫の枠で「日常では当たり前のことが楽しくなる」と書かれている
キャンプに行くと「次はこうしようかな」って工夫したくなりますよね。
失敗もするけど、キャンプの失敗って基本的に楽しいです。
いろいろ試したくなってまたキャンプに行きたくなりますよね!

「この前は電源借りて炊飯器でお米炊いたけど、次はライスクッカーで作ってみたいな。」

焼き芋が炭になったけど、なんでー??」

「設営めっちゃ時間かかった!どうしたらもっと早くできるかな?」

 

家で普段過ごすのと勝手が違って料理一つとっても火加減とか難しいです。
だからこそいつも当たり前にやることが当たり前じゃなくなって、楽しいんですよね。

明るい家で食べるいつもの晩御飯も、キャンプでは暗い中灯りをともして食事を囲む。
もうそれだけで特別。

キャンプから家に帰るのが楽しみになる

木製のドアを開けた先には洋風なグレートーンのバスルームと白いバスタブが見える画像の左手には紫の枠で「キャンプから家に帰るのが楽しみになる」と書かれている
旅行に行くと帰り道はすごく後ろ髪ひかれる思いです。
家に帰りたくなくなっちゃうんですよ

一時期人に会うのがすごくキツイ時期がありました。
そんなとき車で家に帰るとご近所さんの仲良しグループが道路に必ずいて、そこを通ろうとすると(通らないと帰れない)蜘蛛を散らすようにサーっといなくなる。
今思えばなんでもない話だけど、その当時はそれがすごく苦痛で。
旅行から家への帰り道はMAXどんよりしてましたね。

 

キャンプに行くと、家に帰るのがすごい楽しみになるんですよ。
家に帰って入るお風呂が堪らなく気持ちいい

シャンプーをするときの、煙の臭いが立ち上った瞬間。
わぁ、私こんなに煙たかったんだ、と同時に洗い流せるさっぱり感。
ゆっくり湯船に浸かるとき。

お風呂で汗や煙の臭いを洗い落として(まあ臭いは0にはならないけど)、やっと「キャンプが終わった」っていう気持ちになる。
日常に戻る儀式です。

旅行だとただだだ家に帰りたくなくなるけど、キャンプだと行くのも帰るのも楽しくなります。

《スポンサーリンク》



インドア派で人見知りでもキャンプは楽しい

私暇さえあれば家でまったりゲームしたいインドア派です。
それに人と会うのは苦手。

インドア派なのにキャンプが好きって矛盾してね?

確かに、キャンプを知らなかったときは楽しめないかもしれないと思ってました。
キャンプとかバーベキューとかグループで「ウェーイwwwww」ってはしゃぐものだと思ってましたから←

 

でも実際行ってみるとむしろ家族や1~2名でこじんまりとしてる方が多いんですよ。
(もちろんめっちゃ賑やかなグループと遭遇することもあるけど)
屋外だけど、テントやタープの下で誰にも邪魔されずに過ごせます
昼には子供達が遊ぶのを見ながら景色を堪能し、家族が寝静まった夜にはゲームするのも楽しい。
焚き火を見つめながらぼんやりする時間もいいですよね。

インドア派でもキャンプは楽しめるんです。

いつかソロでも行ってみたい。
ソロキャンパーさんはどんな風にキャンプを楽しんでいるんでしょうか。
私は凝ったごはんを作ったり、ちびちび飲んだりゲームしたりダラダラ過ごしてみたいです。

ホテル泊は年1。キャンプ泊なら月1行けちゃう?

キャンプ用品はめちゃ高いけど、道具をある程度揃えるとお出かけのハードルがググっと下がるのも嬉しいですよね。
うちだと家族での泊まり(ホテル)のお出かけは1年に1回。
7~8万とか。
高くつくと国内でもその倍以上かかることもありました。

でもキャンプだと1家族でキャンプ場代が5,000~6,000円とかで済んじゃうじゃないですか。
もちろん食事代や消耗品にもお金はかかりますけど。

年に1回だけだった特別な家族のお出かけが、もっとたくさん行けるようになるのはすごく嬉しいです。

まとめ|好きな理由は人それぞれ

キャンプを始める前は理解不能でした。
でもやってみると家で当たり前にやっていた事の一つ一つが楽しくて。
モノクロの世界に色が付き始めるような感じでしょうか。

私はこういった理由でキャンプが好きなんです。

なかにはワイワイするのが好きな人もきっといるでしょうね。
焚き火をしながらお酒を飲むのが好きな人も。
それぞれの「好き」があっていいと思うし、いろんな「好き」を見つけられる懐の深さがあるのがキャンプのいいところだと思います。

ここまで読んでくれてありがとうございます。
それでは。
《スポンサーリンク》



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA