焼肉きんぐのリニューアルしたきんぐコースをがっついてきた。

焼肉きんぐの焼肉専用バウンドごはんの写真に白文字で「焼肉きんぐのリニューアルしたきんぐコースをがっついてきた。」とタイトルが書かれている
焼肉きんぐ、メニューが豊富で数年前からよく利用してます。
お肉もデザートも種類がたくさんで、子供も親も満足できるから。

そんな焼肉きんぐ、メニューがリニューアルしましたね。(2019年3月)
いつも頼んでたスタンダードメニューがなくなって、かわりに中間ポジションのメニューはきんぐコースっていうのができた模様。

ということで、「きんぐコース」の新メニューをお腹いっぱい食べてきました!
《スポンサーリンク》



 

焼肉きんぐってどんなお店?

焼肉きんぐのテーブル席の網の部分

早く焼きたくなるよね。

まだ行ったことがない人向けに簡単にお店について説明します。
(知ってる人は読み飛ばしてね)

焼肉きんぐは全国展開されてるから、名前は知ってるという人も多いと思います。

ここは食べ放題メニューが用意されてるんだ。
単品メニューもあるけど、食べ放題がおすすめだよ。

食べ放題コースは
・58品食べ放題コース 2,680円(税抜き)
・きんぐコース 2,980円(税抜き)
・プレミアムコース 3,980円(税抜き)
の3種類。
料金が上がる程メニューが増えて楽しめる仕組みです。

 

私のおすすめはきんぐコース
58品食べ放題コースは必要最小限、という印象。
それより300円高いきんぐコースの方がお肉も一品料理などもバリエーションがグッと広がります。

逆にプレミアムコースは我が家には高すぎて利用したことありません。
正直お店側も落としどころとして2,980円のきんぐコースを設定してるのかなって勝手に思ってます。

タッチパネルで注文するとお店の人が持ってきてくれるシステム
子供向けにそぼろごはんやうどんもあるから子連れで行きやすくて子供達が赤ちゃん時代から通ってます。
子連れで焼肉がもりもり食べたいときにおすすめのお店です。

気になるきんぐコースのメニューは

焼肉きんぐのきんぐコースの名物メニューの画像
焼肉きんぐのきんぐコースのお肉のメニューの画像
焼肉きんぐの野菜やごはん、デザートメニューの画像
<出典:焼肉きんぐ公式サイトhttp://www.yakiniku-king.jp/index.html

旧スタンダードコースに比べてきんぐコースは金額は同じです。
内容もだいたい似てる気がする。

けど、すごい気になるメニューありました。

何、鬼厚ガリバタ上ロースって!!

厚みwww
「鬼のような厚みにガリバタ」って鬼に金棒的なやつでしょうか。
あと、焼肉専用バウンドごはんが激しく気になります。

鬼厚ガリバタ上ロースはコロッコロしてる!

まずはやっぱり鬼厚具合が気になるよね。
早速注文しました。
焼肉きんぐの鬼厚ガリバタ上ロース
思ったより小ぶり。
でも厚みは3cmくらいありそう。

これ、焼いてるとどこが上下でどこが側面か分からなくなるくらいコロッコロになりました。
焼いてる横でガリバタの入ったホイルも加熱。
1口じゃ無理だからハサミで切ると、中はまだ火の通しがアマかったです。

もっかい焼いてガリバタにつけて食べる。
んまい。
つか楽しい。
ロースが淡泊であまり主張しないから、グイグイ系のガリバタさんと相性いい
ナイスカップルです。

ドラゴンハラミ一本焼きはちょっぴり辛味があってうまい

スタンダードコースのときは「壺漬け上ロース」というのがありました。
新メニューでは上ロースの代わりにハラミが壺に入った様子。

焼肉きんぐのドラゴンハラミ一本焼き。壺の中にピーマンとトウモロコシが見える

壺に入ったドラゴンハラミさん。

中はしっかりタレに浸かった一本焼きの長いハラミとピーマンとトウモロコシ1切れずつ。

焼肉きんぐのテーブルの網でお肉や野菜を焼いている

真ん中の細長いのがドラゴンハラミ一本焼き。どんどん焼く。

うちはチビッ子が飽きる前に大人が食べ終わらないといけません。
網のあらゆる場所に焼きまくるスタイルですw

味はちょい辛くて濃い味付けでした。
辛味が苦手な子供にはおすすめしないかな?
白米にすごく合うと思います。

きんぐカルビとダイヤモンド上カルビ、あなたはどっち派?

焼く前のきんぐカルビとダイヤモンド上カルビの皿が並んでいる

右がきんぐカルビ。左がダイヤモンド上カルビ。

ここの肉が上等かどうかは正直分からないし、美味しいかどうかは好みにもよります。

ただ私は焼肉きんぐの『きんぐカルビ』(写真右側)が大好き!

世界の中心で好きな人の名前を叫ぶなら、私はきんぐカルビの名前を叫びたいです。
すみません、ウソです。

でも大好きです。

大人の手のひらくらいのサイズで来るんです。
なんかもう焼いてるときから楽しいの。
トングで持つ時ズシッと重たくて。

その重さで期待値が上がります。
その重みのあるお肉を焼き始めると、脂が落ちて火が上がるのもワクワクします
網の上できんぐカルビが焼かれており、火が上がっている
上がった火でジュージュー焼いてるとさ、なんかもうたまんないよね!
きんぐカルビはハサミでチョキチョキ切っていただきます。
切った断面がほんのりピンクで外はちょい焦げで炭火の香りがしてもう好き!(錯乱)

きんぐカルビは脂身も多いです。
噛み切れないときもあります。
でもそれがいい。
「肉を食らう」って感じが気に入ってます
(口が悪くてすみません)

 

一方上カルビ(写真左)。
こっちはね、見た目も名前もきんぐカルビと似ています。

焼肉きんぐのテーブルの網ではダイヤモンド上カルビと鬼厚ガリバタ上ロースが焼かれている

ダイヤモンド上カルビは奥側。右手前は鬼厚ガリバタ上ロース

食べた感想は割とあっさり目。
厚さもきんぐカルビに比べて薄いのが先ほどの焼く前の写真で分かると思います。

こっちは脂身がきんぐカルビよりも細かく入ってるんでしょうか。
同じカルビでもこっちの方が食べやすいですよ。

私は断然きんぐカルビが好きですね。
2~3枚は食べれます。

《スポンサーリンク》



焼肉専用バウンドごはんにバウンドさせない派が挑戦

普段焼肉の時にごはんはバウンドさせる派ですか?
私はさせない派、というかごはん無し派

だけど「焼肉専用」ってフレーズに見事ひっかりました(笑)
焼肉専用って焼肉のときにしか許されないような特別なご飯なんでしょうか
気になりすぎます。
正直いうと、今日はこれを食べに来たと言っても過言じゃありません。

焼肉きんぐの焼肉専用バウンドごはん

焼肉専用バウンドごはん。真ん中の黄身を崩すと幸せな気持ちになれる。

大きさは普通のごはん茶わんくらいの大きさ。
1人前ですね。
まずは焼肉をバウンドせずに食べてみる。

うまい!
ネギと味付け海苔(かな?)の風味にあまじょっぱい醤油系の薄味のタレがかかってます。
それに、黄身が加わってごはん全体をコクとまろやかさで包み込んでくれる。
なんか優しい、優しさに包まれる味・・・!

次は肉をタレにつけてバウンドさせて、そのあと再びバウンドごはんを食べてみた。

うーむ。

バウンドさせない派の私には違いが分からなかった(スマン)
バウンド派の人は是非実食して違いがあるのか試してみてくださいね。

趣向を変えてすき焼き系も

焼肉ばっかり食べてるとちょっと肉に飽きがくるときってありますよね。
そこですき焼き系のお肉どーん。
すき焼きカルビのドルチェポルコ
写真には写ってないけど、生卵も付いてきます。
すき焼きカルビは牛と豚(イタリア産ドルチェポルコ)の2種類
豚の方が厚みがありました。
私は牛の薄さの方がペロッと食べれて好きです。

さっきのバウンドごはんでも思いましたが、卵って偉大ですね。
卵にくぐらせると甘辛ダレが合ってて美味しい。
ちょっとお腹いっぱいになってきたのに、美味しいなって思ってしまう魔力があります。

子供はデザートと魚介系を食べまくってた

焼肉きんぐに行くと、大人は肉を1週間分くらい食いだめする勢いで食べちゃいます。
でも我が家の園児(3歳と5歳)はお肉ほとんど食べません

そんな子供達が食べるのは魚介系とデザート。あとサイドメニュー。
焼肉きんぐのデザート、杏仁豆腐とフルーツゼリー、シューアイスがテーブルに置かれている
きんぐコースはメニューがたくさんあって肉が好きじゃない子どもと来れるからほんとに嬉しいです。
未就学児は無料ですし。
焼肉きんぐのテーブルには子供用のジュースが紫色のプラスチックの蓋つきコップに注がれストローがついている。中にはカルピスが入っている
子供用のジュースは蓋・ストロー付きで出てきます。
もしコップを倒しても大惨事が防げます。

ごはんの時に我が家では3歳がコップを倒しちゃうことがあります。
だから食事中のコップのポジショニングには常に目を光らせないといけません。
こんなコップだともしもの時にこぼれにくくて安心ですよね。
こういう配慮は親としてありがたいです。
焼肉きんぐで借りられる子供用の取り皿、スプーン・フォークがテーブルに置かれている
もちろん子供用の取り皿・スプーン・フォーク類も利用できます。

ごちそうさま⇒ま、ま~、まとめ!

焼肉きんぐのたこ焼き

たこ焼き。子連れだとこういうサイドメニューは嬉しい。

新しくなったメニューのいくつかを試してきたけど、どれも美味しいし、焼くときは楽しいですね!
焼肉大好きです。
私の中の不動の一位はきんぐカルビです。
あと焼肉専用バウンドごはんは美味しかったし、これ家でも作れそうな気安さがいいと思います。
今度やってみようかしら?

ごちそうさま!
それでは。

《スポンサーリンク》



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA