スマホで手持ちの音楽をオフラインで聴く方法。

青い背景には青いネックレスや羽など青いものが置かれている。イヤホンのついた白いスマホも置かれており、画面には今流れている音楽が表示されている写真には白文字で「スマホで手持ちの音楽をオフラインで聴く方法。」と書かれている
キャンプ場で音楽聞くの、意外と楽しいです。
私は撤収の時等にスマホで好きな曲を聴いたりしています。

通信費を使わずオフラインでも音楽を聴けると嬉しいですよね。
アプリの「Google Play Music」がスマホでオフラインでも聴けるので気に入ってます。

Google Play Musicは、
・スマホ
・パソコン
・手持ちの音楽ファイル(音楽CDなどからデータをコピー)
があれば例え圏外でも好きな曲を聴くことができます。

この記事ではそのGoogle Play Musicについて話します。

音楽をかける際は音量に注意して自分のサイト内でとどめるようにしましょう。
静けさを楽しみたい人も、あなたの曲が好きではない人もいるからです。

また、キャンプ場等によっては音楽禁止のルールのところもあります。

お互いが快適に過ごせるよう、音に気を付けて楽しんでくださいね!

《スポンサーリンク》



 

本当に「無料・オフライン」で音楽聴くことできるの?

Google Play Musicのアプリってどれ?という人もいるかもしれません。
スマホのアプリの画面にはグーグル関連のアプリが表示されており、Googleプレイミュージックのアプリにはピンクの太枠と矢印で目立つように加工してある
これです。
スマホによっては購入した状態で既にインストールされていたりします。

Google Play Musicには無料と有料(定期購入)の2種類のプラン設定があります。
無料でできること・有料じゃないとできないこと、について話します。

無料でご利用いただける機能:
* あなたが聴きたいものに合わせてエキスパートが厳選したラジオ
* 自分の音楽コレクションから最大 50,000 曲を保存
* ポッドキャストを探して登録可能
* あなたの好みにぴったりのおすすめの曲
* Android、iOS、ウェブで音楽を再生

定期購入でご利用いただける機能:
* ファミリー プラン(最大 6 名まで。家族で Google Play Music を低料金で楽しめます)
* 3,500 万曲以上をオンデマンドで再生可能
* YouTube Music Premium メンバーシップ(詳しくは、music.youtube.com/music_premium をご覧ください)
* 端末に音楽をダウンロードしてオフラインでも再生
* 広告なしでのスムーズな再生

<出典:Google Play ミュージック アプリの説明文より(https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.music&hl=ja)

↑の引用の中の、無料の方で青のマーカーをつけた自分の音楽コレクションから最大 50,000 曲を保存』というのを利用することで、オフラインでもスマホで音楽が聴けるようになります

 

ちなみにピンクのマーカーをつけた部分(有料)にも『ダウンロードしてオフラインでも再生』と書いてありますね。
この「端末に音楽をダウンロードしてオフラインでも再生」というのは定期購入で聞き放題になった曲をダウンロード⇒オフライン再生可能ということです。

 

Google Play MusicのアプリはiPhoneにも対応しています。

50,000曲分のクラウドが利用可能。スマホに”今”聞きたい曲だけ持って行ける。

Google Play Musicで利用できる50,000曲分のクラウドについての説明。ノートパソコンと♬が書かれた黄色い箱と手に持ったスマホに⇒が書かれている。
先ほど、無料で「50,000 曲を保存」してくれる機能を使うといい、という話をしました。
クラウドというやつですね。

クラウドって?
うーん、町中にあるトランクルームのレンタルをイメージしてみて。
トランクルームって今使わないものとか保管しておきたい物を預けておけるじゃない?

自宅以外の場所に預けられるから部屋が狭くならなくて済むでしょ。

そんな感じでデータを預けておけるみたいだよ。
詳しい事は分からんけど。

つまり手持ちの音楽ファイルを最大50,000曲分クラウドに預ける(アップロード)ことができるんです。
アップロードするのにPCを使います。

で、このクラウドがすごく便利

例えばさ、
・音楽をスマホに入れたのはいいけどたくさん入れすぎて整理したいな。とか
・最近聴かないお気に入りのあの曲、消したくないなぁ。
みたいなことあるじゃないですか。
好きな曲をスマホにあれもこれもと保存するとさ、ストレージを圧迫しちゃうんですよね。

 

でもクラウドに預けた曲はいつでも取り出せるから”今”聞きたい曲だけをダウンロードしてスマホに入れておくことができるんです。
※クラウドからスマホへダウンロードするのはWi-Fiが使える時にするといいですよ!

一度スマホにダウンロードしちゃうともうクラウドから消えちゃうんじゃない?
クラウドから曲を削除しない限りは消えないよ。一度スマホ側のダウンロードを消しても再ダウンロードして曲を聴くこともできるよ。
しかも50,000曲も保存ができるの。

すごいですよね。
1年に500曲クラウドに預けるとして100年分ですよ、50,000曲って。

気にせず曲をどんどん預けられるね!
また、クラウドに預けた曲はスマホにダウンロードして聴くことができるだけではないんです。
ストリーミング再生(通信しながら再生する)もできます。
Wi-Fiが使える状況ならわざわざダウンロードしなくても音楽を聴けるんだね

クラウドがGoogleアカウントと紐付いてるので、機種変更した際もスムーズに曲をスマホに入れられましたよ。

《スポンサーリンク》



スマホでプレイリストも作れる

無料でも自分でプレイリストを作ることもできるし、1曲リピートやシャッフル再生などもできます。
インスタントミックスもできるので、気分に合わせて曲を聴けるのが嬉しいです。

それだけじゃなくて、音の品質もWi-Fi時とダウンロードする際でそれぞれ3~4段階から選べます。

Google Play ミュージックは近い将来サービス終了する?

こんな便利なGoogle Play Musicだけど、実は近い将来サービス終了するんじゃないかと言われています。

GoogleはGoogle Play MusicとYouTube Music、2つの競合する音楽配信サービスを運営しているんです。
Google Play Music側がYouTube Musicに統合されていくということはGoogleも発表していることのようです。

ただ、Google Play ミュージックの大きな魅力のクラウドサービスは現状(2019年4月現在)YouTube Musicの方には備わっていません。
どんな風になるのか気になるところです。

だから、もしこれからGoogle Play ミュージックのクラウドを利用するなら、念のためPC内の音楽ファイルは消さずにそのまま保管しておいた方がいいと思います。

※こちらの記事で統合について書かれています。
『「Google Play Musicは縮小する」 有料の“広告なしYouTube”日本でもスタート 音楽配信は統合へ』(ITmedia)

まとめ

手持ちの曲を聴くならGoogle Play ミュージックがおすすめ。
有料(定期購入)のプランもあるけど、無料で使える50,000曲分のクラウドがとにかく便利です。

スマホに入れた曲を整理したり追加したりが簡単にできるのが嬉しいです。

PCからクラウドへアップロードする方法なら、↓のページが分かりやすいと思います。

・『iSchool』(外部サイト)
Google Play Musicで音楽をクラウドにアップロードする方法
・Google Play Music ヘルプ(外部サイト)
Google Play Music Manager で音楽を追加する

屋外でもスマホひとつでお気に入りの曲を聴けますよ。
音量に注意して楽しみましょうね!

Google Play Music

Google Play Music

Google LLC無料posted withアプリーチ

それでは。
《スポンサーリンク》



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA